インプラント-天然歯と同じように噛むことができます

インプラント

歯を失ってしまった方へ

インプラント歯を失ってしまった方で、部分入れ歯や総入れ歯、またブリッジなどされている方。
 「しっかり噛めない」
 「歯に合わない」
 「入れ歯の手入れが面倒だ」
など、お悩みではありませんか?

そのような方にぜひおすすめしたいのが「インプラント」です。
インプラントとは、歯が失われてしまった部分のあごの骨に、人工歯根(インプラント)を埋め込むことで、人工の歯を取り付ける治療方法です。天然歯と同じように噛むことができますし、周りの歯に負担をかける心配もありません。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い

入れ歯

入れ歯入れ歯は、患者さまの口腔の状態に合わせて作成したものを口に入れるので、比較的簡単に治療が受けられます。しかし、部分入れ歯は入れ歯を止めるバネが目立ちますので、どうしても見た目が悪くなります。
バネは周囲の歯にとりつけますので、健康な歯に負担がかかることになります。また1番の欠点として、違和感がある場合が多いようです。

ブリッジ

ブリッジブリッジは、部分入れ歯に比べると安定はしています。しかしブリッジも周囲の歯で支えなければなりません。また取り付けるために、周りの健康な歯まで削らなければなりません。
そして、歯を失った部分には噛んだ力が伝わりにくいので、徐々にその部分の骨が劣化していきます。

インプラント

インプラントインプラントは、あごの骨に人工歯根を埋め込むため、天然歯と同じ食感で噛むことができます。またあごの骨を使うので、骨が痩せてしまう心配もありません。そして、人工の歯を取り付けるため、天然の歯となんら変わりがなく、外見も自然です。

インプラント手術-1回法と2回法とは・・・?

インプラント手術には、1回法と2回法があります。
お口の状態や、顎の骨などの状態に合わせて、インプラントの手術を行います。

<1回法>

1回法は、インプラント体の一部を歯肉の上に出し、仮のキャップを取り付ける方法です。1回法は歯肉を切る回数が1回で済みますので、患者さまの負担が少なくなります。しかし、骨の厚みや高さが足りない方には、1回法はむきません。

<2回法>

2回法は、1回目の手術でインプラント体を埋め込み一度歯茎を閉じます。2回目の手術で、歯肉を切開し、連結部分を装着し、人工の歯を装着します。
期間をあけることで、インプラントと骨をしっかりと結合することが可能となります。骨の量が不足している方、周囲の歯肉を整える必要がある方に向いています。
※治癒期間中は、部分入れ歯を取りつけられますので、日常生活に支障はありません。

インプラント治療の流れ

まずインプラント治療を行う前に、どのような回復を望まれているか、インプラントについての不安や疑問などをお伺いします。インフォームドコンセント(十分な説明と理解)を十分に行った上で治療を開始いたします。松永歯科医院でのインプラント治療の流れをご紹介いたしましょう。

1 カウンセリング

インプラントについて、詳しく説明いたします。

2 検査

お口の状態のチェック、レントゲン撮影や歯型の採取を行ないます。
※検査結果により、先に虫歯治療や歯周病の治療、骨の再生治療が必要になる場合があります。

3 診断

検査結果をもとに、治療方針と計画を決定いたします。

4 インプラント埋入手術

歯肉を切開し、顎の骨にインプラント体を埋め込みます。

5 結合期間

骨とインプラント体が結合するのに期間をおきます。

6 人工歯作成

インプラントが骨にしっかりと固定されてから、歯型をとり、人工歯を作成し装着します。

7 メンテナンス

インプラント装着後は、定期的にメンテナンスをおこないます。

よくあるご質問

Q1.インプラント治療を受けようと思うのですが、その手術までにしておかなければならないことはありますか?

お口の中が健康な状態でない場合、インプラントを埋入してもうまくいかないことがあります。そのため、インプラント手術を行う前には、必ずお口の中の状態をチェックさせていただきます。もしも、虫歯や歯周病があれば、先に治療をさせていただきます。

Q2.何歳くらいまで、インプラント治療は可能ですか?

顎の骨の状態が良ければ、一般的には80歳くらいの方までインプラント治療を受けることができるといわれています。ただし、持病がある方・体調が悪い方は、事前にご相談ください。骨の成長は、16~18歳くらいで止まるといわれています。従って、この年齢からであれば、インプラント治療を受けられます。

Q3.他の人から見て、インプラントをしていることがわかりますか?

ほとんど自然の歯と見分けがつかないといわれています。
一般的な治療で使われるブリッジや入れ歯なら、バネや留め金があるため、口を大きく開けた時に見えることがあります。 インプラント治療の場合、取り付ける人工歯の型取りは精密に行われ、色や大きさも個人の希望に合わせてつくることができます。

Q4.インプラント治療をするときの痛みが心配です。

インプラント治療は、手術を受ける前に麻酔をしますので、痛みを感じることなく治療を受けていただいております。ただし個人差はありますが、麻酔が覚めた後、患部が腫れたり、痛みが生じたりする場合がございます。その場合、治療後の抗生物質と痛み止めの服用で、数日後ほぼ治まりますが、ご心配な方はご相談ください。

Q5.インプラントはどのくらいもちますか?

「毎日のお手入れ」「定期検診」「健康管理」で異なります。
自然の歯も同じことが言えますが、上記3点を怠ればインプラントの寿命も短くなるといわれています。インプラント自体の材質的には半永久的にもつと言われています。 治療後は、定期検診にてお口の中のチェックとサポートさせていただきます。

Copyright Matsunaga Dental Clinic All Rights reseved.